社会保険加入問題でお悩みの方

2012年11月、国土交通省より建設業の社会保険未加入問題の取締りを強化する旨の通達が出されました。

当事務所では、建設業の経営者様、ゼネコン等の下請け企業を抱える事業所様から多数のご相談をお受けしております。

・社会保険加入はなぜ義務化されたの?
・他の会社はどうしてるの?
・社旗保険料を支払って、ウチは経営をやっていけるの?

などといった代表的な質問にお答えします!

社会保険加入はなぜ義務化されたの?〜義務化の背景〜

若年層の労働力低下が主な原因です。社会保険未加入の事業所だと若年層が就職を懸念する傾向にあるのです。
社会保険加入する企業への就職希望者が集中するという現象が起きています。

若年層の労働力が確保できない場合、技術継承が困難になってしまい、建設業全体が貧弱になると懸念されています。
業界の技術力低下を防止するために、国を挙げて社会保険加入を義務付けるようになりました。

他の会社はどうしてるの?

他の会社は加入しているの?というご質問をよくお受けします。

当事務所の肌感覚では、指導書が来た場合、多くの事業所が加入をしている状態です。
厳しい中でも入ると判断した事業所が

顧問先でも、建設業の社会保険加入をしている事業所は増加傾向にあります。

社会保険料を支払って、ウチは経営をやっていけるの?

社会保険料の負担は誰でも気になるところです。
しかし、不安に思っているだけではなく、実際にはいくらの負担になるのかを明確にしてしまったほうが後のストレスは軽減されます。
加入の義務化が加速するにあたり、、

・保険料を支払って、事業がやっていけるのか不安だ
・まずは保険料がいくらくらいになるのかを知りたい
・若年層の雇用を強化したい、といったところでお悩みの方は、お気軽に相談してください。

当事務所では多数の経験、実績から、社会保険料のシュミレーション、保険料削減のためのアドバイス、をさせていただいてます。
また、経審許可の判断が出来る行政書士部門もありますので、ワンストップのご相談をお受けすることが出来ます。

シュミレーションについては、当事務所では無料シミュレーションサービスを実施していますので、
こちらをご活用下さい。

建設業の保険加入・許可申請のご相談は