申請代行
パートナーブログ

  1. 建設業許可申請PROセンターサイトTOP
  2. 申請代行サポートブログ
  3. 21年度目標 達成見通し

21年度目標 達成見通し

カテゴリ:
ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21年度目標 達成見通し

国と主要業界団体で構成する建設キャリアアップシステム(CCUS)運営協議会の運営委員会は、1月25日に会合を開き、登録・利用状況をフォローアップしました。事業者、技能者、就業履歴(カードタッチ)の登録数が2021年度の目標値(低位推計ベース)を達成できる見通しとなったと発表しました。一方で、22年度以降のハードルはさらに高いため、登録促進の段階から現場利用の促進のステージに進展できるよう、これまで以上の普及促進策が求められるとしています。

CCUS登録利用状況

 20年9月の同協議会総会で、23年度からの単年度黒字化を目指す「低位推計」をベースに取り組みを進めることをすべての構成員が確認しました。
低位推計の21年度の目標値は累計で登録事業者数(一人親方を除く)が10万社、技能者数が80万人、カードタッチは単年度で2000万回となっています。
 21年度の状況を見ると、事業者登録数(一人親方を除く)は12月までで10万9478社となり、既に年度目標を達成済み。
技能者数は79万1678人で、直近の推移を見れば1月にも目標の80万人を突破できます。
事業者、技能者登録と比例して、カードタッチ数も増加。21年度は12月までで1930万7827タッチとなっており、こちらも1月には目標値を上回る見込みです。

普及促進策の具体化急務

 ただ、22年度以降も目標はさらに高いく設定されています。
事業者、技能者登録でいえば今年度と同じ3万社・30万人増ですが、これまでの取り組みでは登録に至っていない層への働き掛けが必要になってくきます。
元請完工高ベースで既に3分の2に相当する元請企業が登録済みとなっていることからも、従前から課題であった小規模・地方圏での登録促進を本格化する必要があります。
 カードタッチは21年度の2000万回から、22年度には3800万回へと2倍近く目標が上がります。現状のカードタッチの状況(21年12月)を分析すると、79万2000人の登録技能者のうち、1カ月間に就業履歴があった技能者は3割弱の22万6000人にとどまっています。これまでは登録者数の増加に伴う形で目標数値をカバーしてきたが、次年度以降は既登録者の利用促進の観点も欠かせません。
 22年度目標も通過点に過ぎず、23年度からの単年度黒字化、その後に控えるシステム更新を見据えると、技能者メリットを含めた普及促進策の具体化が急務となっています。

 

(参考資料 日刊建設新聞、日刊建設工業新聞 、国土交通省HP、 一般財団法人建設業情報センターHP)